ビンテージ着物クッションカバー 金の花車

¥12,100

税込価格
購入可能数 1

ビンテージの着物を再利用した、クッションカバーです。絵柄の配置やパイピングの配色など、細部にこだわって仕上げました。全て1点ものです。

花車にゴールドのテープをあしらうことにより、立体的に浮き出て見えるようです。グリーンのパイピングを配色することで、サイドパネルに使用した白の着物の織柄も際立って見えます。

花車とは、平安時代から使われている御所車と花を組み合わせたデザインのことです。平安時代から使われている馬車と花を組み合わせたデザインです。花車は、江戸時代以降に見られる華やかな王朝趣味の文様です。室町時代に華道が誕生すると、貴族や武士などの上流階級は花を飾ることが習慣となりました。 花車文様はこの流れに乗り、江戸時代には着物の柄のモチーフとして採用されたようです。

菊の花; 鮮やかな色と形が特徴です。菊の花は 中心から丸く放射状に広がる形から、太陽に例えられ、花の中で最も高い位置にあるとされたこことから、菊は一般的に不老不死、延命長寿、無病息災、魔除けなどの意味があります。心身の健康、安定、高貴、平穏を表す花として用いられてきました。

梅の花; 梅は中国原産の花木で、日本には奈良時代初期に渡来しました。厳しい寒さの中で他の花に先駆けて咲く香りのよい梅は、逆境に強い中国の理想像の象徴です。逆境に負けない生き方を象徴しています。

 

サイズ ; 45 x 45 cm

素材 ; シルク

裏面 ; シルクシャンタン

お手入れ ; デリケートなシルク素材ですので、ドライクリーニングをお勧めいたします。

* 基本的に状態の良いものをクリーニング後に使用しておりますが、ビンテージのお着物や帯を再利用しておりますので、ご理解の上でご購入のほどよろしくお願いいたします。